• 観光地から探す
  • ジャンルで探す
  • キーワードから探す

チョウコくん

観光ガイドを探す

チョウコくん


閉じるよ!

ソムリエBlog

てくてくまち歩き「五穀豊穣を祈る 大森荒神社例祭」

2019年02月28日

 大森荒神社の大祭が毎年2月28日行われ、植木市や露店で賑わいます。今年の雨量と米の出来高を占う「御例(おためし)」は山口市の高倉荒神より受けてきます。お祭りに合わせて蓮光寺~食料営団倉庫跡~厚南公民館跡~照明寺(白石さんがガイド中の写真)~宇部競馬場跡~大森荒神社、約3.5kmを歩きました。この日は満員40名のご参加をいただき、2グループにわけ、宇部市ふるさとコンパニオンの会から、白石光男と、わたくし三輪立子がガイドをしました。
 私は子どものころから大森荒神社のお祭りに行っていました。この時期の植木市で苗を買って植えると、枯れないんだと両親が言っていました。子どものころに比べると植木市の賑わいもこじんまりしているようです。



 蓮光寺本堂の襖絵は馬場良治画伯のもの。圧巻です。現物を見たいかたはぜひ蓮光寺へ。
さて、私は、地名とその由来が好きなので、歩きながらそこそこの地名の文字とその意味を説明しました。地名からいろんなことがわかるものです。この日歩いた厚南エリアでは、岬とか海とか海岸に由来する地名が多いところです。
宇部鴻城高校前あたりは、昭和21年から28年頃まで、炭鉱の跡地を利用して作られた1300mの競馬場がありました。山田洋二監督は、仙崎から練り物を仕入れてここで売ったらよく売れたとのこと。たった7年で閉鎖したのは、炭鉱跡地で地盤が緩く、建物に不具合が出たからだとか・・・宇部市ならではの話に、興味を持っていただけたようです。
 こんな感じで、てくてくまち歩きをしています。参加者のみなさんに楽しんでいただけたかな?

前のページに戻る

観光ガイドを探す

(方法)探す

観光ガイドを探す

(方法)探す

観光ガイドを探す

(方法)探す

観光ガイドを探す

(方法)探す

観光ガイドを探す

キーワードで探す

 

ページの先頭へ戻る