お知らせ
お知らせを全て見る

2018年01月11日
「蛤御門の変の足跡を巡る京の旅3/1~2」【参加者募集中】

禁門の変の責任を負い、切腹した三家老のうち、福原越後公、國司信濃公は、現在の宇部市に領地がありました。これまでのツアーでは、主に宇部市内の菩提寺を訪ねてきましたが、幕末維新150年の今年は、いよいよ京へ。蛤御門をはじめ、三家老の陣屋や、志士を祀る霊山護国神社など、禁門の変ゆかりの地を巡ります。京都市内は貸切バス使用、専属ガイド同行、歴史愛好家のためのツアーです。

チラシのダウンロードはこちらから

JR新山口駅-(新幹線のぞみ)-京都駅-京都霊山(りょうぜん)護国(ごこく)神社(じんじゃ)・霊山(りょうぜん)歴史館-蛤(はまぐり)御門(ごもん)-天龍寺-アランヴェールホテル京都泊-伏見・長州藩邸跡-宝積寺(ほうしゃくじ)-池田屋跡-京都駅-(新幹線のぞみ)-JR新山口駅
  ※京都市内は貸切バス移動となります。

59800円/3名1室 60500円/2名1室 63500円/1名1室
(税込、拝観料・昼食代等含む) 

京都御所 蛤御門

蛤御門に残る弾痕

 

 

ページの先頭へ

Copyright © 2012- Ube Visitors & Convention Association all rights reserved.