宇部の幕末維新 宇部にゆかりのある人物を紹介します。

  • 宇部の幕末維新
  • やまぐち幕末ISHIN祭
越後公・信濃公年表

國司信濃公の像

國司信濃公の像

明治維新を見ることなく 長州藩と藩主のため命を捧げた2人の人生

國司信濃公の像

國司信濃公 辞世の句

  • 徳山藩主、毛利広鎮の六男として生まれる

    1歳

  • 長州藩主、佐世親長の養子となる

    12歳

  •  

    28歳

  •  

    33歳

  • 江戸御留守居役に任命され江戸へ

    37歳

  • 2年間赴任した江戸から長州に帰る
    ※翌年元僴と改名

    39歳

  •  

    41歳

  • 福原家を継ぎ、越後と名乗る

    44歳

  • 当職(家老職筆頭)をつとめる

    46歳

  •  

    47歳

  • 下関戦争に1小隊を送る

    49歳

  • 文化12年(1815)
  • 文政9年(1826)
  • 天保13年(1842)
  • 弘化4年(1847)
  • 嘉永4年(1851)
  • 嘉永6年(1853)
  • 安政2年(1855)
  • 安政5年(1858)
  • 万延元年(1860)
  • 文久元年(1861)
  • 文久3年(1863)
  • 元治元年(1864)
  •  

     

  •  

     

  • 1歳

    寄組、高洲平七元忠の次男として生まれる

  • 6歳

    寄組、国司迪徳の養子となる

  • 10歳

     

  • 12歳

     

  • 14歳

    元服
    ※この時の名は國司熊之介朝相

  • 17歳

    信濃と名乗る

  • 19歳

    初めて万倉の領地へ赴任し、
    兵を指導する

  • 20歳

    大組頭(旗本の長官)に就任

  • 22歳

    赤間関防備総奉行となり、
    高杉晋作の奇兵隊を応援

  • 池田屋事件がおこり、吉田稔麿等が闘死
  • 長州藩が京都に侵攻(禁門の変)
  • 長州藩藩主は、福原越後、國司信濃、益田右衛門介の3人の家老に入京を命令
  • 京都を守る薩摩藩・会津藩に敗れ、長州藩は敗退
  • 越後・信濃ら3人の家老たちは敗れ、帰藩した。
  • 禁門の変で伏見街道より攻める。
    責任を負い、岩国の龍護寺
    (現在の清泰院)で切腹

    50歳

  •  
  • 23歳

    家老に昇進禁門の変で、
    嵯峨・天竜寺より攻める。
    責任を負い、徳山の澄泉寺で切腹